より好待遇・好条件の求人をお探しの方必見!徹底サポートに定評のある転職エージェントをご紹介します!

監査法人を辞めたいと思ったら転職エージェントを利用した方がいい理由とは?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/09


今勤務している監査法人が合わず、辞めたいと考えている人はいるでしょう。そうしたときは冷静になって仕事探しをする必要性があります。ここでは会計士の仕事探しに転職エージェントを利用するメリット、高待遇の仕事を見つけるための方法、転職活動の失敗を防ぐコツなどについて紹介しています。

会計士が高待遇の仕事を探すのは難しい?

監査法人を辞めたいときは、先に転職先を見つけておきましょう。辞めてから仕事を探すのは簡単ではありませんので、転職エージェントを利用して見つけるのがおすすめです。

公認会計士は業務独占資格を有するため仕事を探すのに困ることはないでしょう。ただし高待遇の仕事を探すとなれば、話はまったく違ってきます。

転職をするときは誰しも今より高待遇の職場を探しますので、必然的に高待遇の案件は応募者が殺到するわけです。会計士の仕事も、より高待遇の職場探しとなればハードルは非常に高くなります。

知り合いの事務所に転職するなど決まっている人は別として、ほとんどの人は転職エージェントや求人系の雑誌を利用して探すでしょう。これらを利用するメリットは旬の情報に触れられること、そして素早く応募できることです。新着情報は日々更新されており、従来からある旧案件と比較してチャンスがあります。

求人情報全般に言えることですが、新しい案件ほどチャンスは大きいです。古い案件は大勢の目に触れていますが、新しい案件はそうではありません。掲載されたばかりの案件ですと、閲覧している人は非常に少ないわけです。

応募者が少ないということは、自分が選ばれるチャンスが大きいことを意味します。会計士が転職エージェントを活用するときは、素早く応募することを意識してください。応募する時期が採用率に反映されてくるのは間違いありません。

転職エージェントを上手に活用するコツは?

転職エージェントには豊富な案件が掲載されています。それらを比較して厳選していけるのは、エージェントを利用する大きなメリットです。

気になる企業から検索できる情報もあり、また非公開求人をメインに取り扱っているところもあります。非公開にすることで応募者が一斉に応募する状況を防いでいるわけです。非公開案件にすると応募者が厳選されるので、求人側としても都合がいいわけです。

利用者の満足度が90%を超える転職エージェントもあり、ほとんどの人が満足しています。監査法人を辞める人の年齢は30代以上が多いと考えている人が多いですが、実際は20代~50代以上と幅があります。

合わないと感じた職場に長居するのはストレスになりますので、早めに転職を検討してください。理想的なのは仕事をしながら職探しをすることであり、辞めてから探すのは得策ではありません。

辞めることで収入が途絶えてしまうと、冷静に探すのが難しくなってきます。焦ってしまうと手当たり次第に応募する状態になりやすく、それは失敗につながります。だからこそ冷静になってじっくり考える必要があり、そのためには仕事をしながら探すのが好ましいわけです。

時間に余裕があれば気持ちにゆとりを持てますので、しっかりと計画を立てた上で転職活動ができるようになります。急いで探したい気持ちは誰にでもありますが、決して焦ってはいけないわけです。

転職活動で失敗しないために大切なことは?

公認会計士の転職エージェントの中には、会計士により創業されたサービスがあります。会計財務に精通したプロが運営しているので、利用者に寄り添ったサービスを提供できるのです。例えば一人ひとりの性格や目的に合わせ、マッチングしたサービスを提供しているサービスがあります。各種セミナーを開催しているサービスならば、採用試験やキャリアアップを有利にすることができます。

監査法人を辞めたいときは一度冷静になってみる必要があるでしょう。なぜ辞めたいのか理由を明確にしておき、辞めるべき原因を解消できるかよく考えてみるわけです。焦って転職をして今までより悪待遇の職場に行くようでは意味がありません。急いでいるときほど冷静になること、そしてじっくりと時間をかけることが重要になるわけです。転職活動の期間は長めに見積もっておき、時間をかけて探していくことが大切になります。

よい転職エージェントを見つけるためには、サービス全般を調べておく必要があります。履歴書や職務経歴書の書き方を詳しく教えてくれる、面接での採用率を上げる方法を伝授してくれるなど。ミスマッチが発生してしまう理由の多くは、情報収集不足にあります。

情報収集を徹底していれば、メリットとデメリットを精査してミスマッチする案件は防げるわけです。よい仕事を見つけるためには、相応の時間が必要だと考えてください。

 

会計士が監査法人を辞めたいときは、迷わず転職エージェントを利用してください。豊富な案件から探せるメリットがあり、特に非公開求人は重宝します。自分に合った仕事探しが容易ですし、書類作成や面接のサポートを受けられるのもメリットです。


イメージ 1
2
3
4
5
会社名 ジャスネットキャリア レックスアドバイザーズ MS-JAPAN(エムエスジャパン) リクルートエージェント マイナビ会計士
特徴 経理・財務担当の役員や経理部長へ直接推薦・提案できるのが強み コンサルタントの指名ができる シニアの転職にも力を入れている 特化型ではないものの、各業界専門のキャリアアドバイザーが担当 大手のネットワークを活かした、公認会計士専門転職エージェント
設立 1996年8月 2002年10月 1990年4月 1977年11月 1973年8月
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく