より好待遇・好条件の求人をお探しの方必見!徹底サポートに定評のある転職エージェントをご紹介します!

会計士の転職はエージェント利用がおすすめ!?

公開日:2019/10/23  最終更新日:2019/10/24

握手する男性の手

会計士の転職活動は、必ずしも転職エージェントを利用する必要はなく、個人で行うことも可能です。しかし、より理想どおりの転職をしたいのであれば、エージェントを利用するのがおすすめです。

理由①手厚いサポートが受けられる!

転職エージェントを利用すると、手厚いサポートを受けることができます。具体的には、履歴書や職務経歴書の添削、自分に合った求人の紹介、面接の練習、企業との日程調整などがあります。

個人で転職活動を行う場合、数ある求人に目を通すだけでも骨が折れますが、その中でもどの求人が自分の理想と近いのか、どんな企業なら活躍できるのかを見極めるのは簡単ではありません。また、求人内容の文字面だけを見て入社を決めてしまうと、「思っていた仕事と違った」という失敗も引き起こしかねません。

キャリアアドバイザーはひとつひとつの求人について詳細な情報を把握しているので、登録者のスキルや経験、希望に合った求人をピックアップできます。さらに企業について社風や職場の雰囲気まで知り尽くしているため、入社後のミスマッチが起きることもないでしょう。

理由②好待遇・好条件で転職できる可能性がアップ!

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、登録者と企業の間に立ち、さまざまな条件面での交渉を行ってくれます。個人ではなかなか言いにくい給与の話題であったり、仕事内容や勤務日数など、可能な限り登録者の希望に近い形で入社することができるようサポートしてくれます。

また、キャリアカウンセリングを通して感じた登録者の人柄であったり、これまでの経験やスキルを踏まえて企業に推薦してくれるので、個人で応募するよりも、面接まで進む可能性も高くなります

その他のメリット

非公開求人が多い

ほとんどの転職エージェントは、非公開の求人をたくさん保有しています。エージェントによってその割合は異なりますが、全求人の80~99%が非公開という場合が多くなっています。企業が求人を非公開にする理由は、あらゆる事情で欠員が出ていることを公にできない、応募の殺到が予想されるので効率的に採用活動を行いたいなど、さまざまです。そのような非公開求人に応募できるという点も、転職エージェントを利用するメリットのひとつです。

退職のサポートも

さらに、現在の職場を円満に退職するためのサポートを行ってくれる場合もあります。優秀な方であればあるほど強く引き止められることも多く、なかなか転職先への入社日が決められないという場合、せっかくもらった内定が取り消しになってしまうリスクも高くなります。
そのような場合でも、キャリアアドバイザーが退職にあたってのアドバイスをしてくれたり、内定先へ入社日の融通を利かせてもらうための交渉をしてくれたりと、最後まで手厚くサポートをしてくれます。


イメージ 1
2
3
4
5
会社名 ジャスネットキャリア レックスアドバイザーズ MS-JAPAN(エムエスジャパン) リクルートエージェント マイナビ会計士
特徴 経理・財務担当の役員や経理部長へ直接推薦・提案できるのが強み コンサルタントの指名ができる シニアの転職にも力を入れている 特化型ではないものの、各業界専門のキャリアアドバイザーが担当 大手のネットワークを活かした、公認会計士専門転職エージェント
設立 1996年8月 2002年10月 1990年4月 1977年11月 1973年8月
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく