より好待遇・好条件の求人をお探しの方必見!徹底サポートに定評のある転職エージェントをご紹介します!

時期を逃すな!会計士が転職をするのにベストなタイミングはいつ?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/26

会計士が転職をする場合には、いつでもよいのではないかと考える人もいるかもしれません。転職をするにあたり、事前にある程度知識を持っていたほうがより安心して利用することが考えられます。では、どのタイミングが一番有利に転職をすることができるでしょうか。その実態を見ていきます。

監査法人の場合はどのように考えるか

会計士の中でも、監査法人の職に就きたい場合には、繁忙期を気にしておく必要があります。一般的に繁忙期とされているときに職を新しく変えても、負担が大きすぎるでしょう。これは、働く側の負担もそうですが、雇う側の負担も大きくなってしまいます。いずれにしても、確実に避けなければいけないときがあるとすれば、それは繁忙期になります。

では、監査法人の場合にはいつが繁忙期になるのでしょうか。この点に関して基本的には、多くの企業が決済を考えている三月と九月が繁忙期と言えるわけです。この2カ月だけでなく、その前後1か月程度も繁忙期になる可能性があります。そうだとすれば、二月から四月までの期間と、八月から十月までの期間は繁忙期と考えておき、それ以外の月ならば新しく職場を変えても問題ないと考えるべきです。

ちなみに、三月と九月だけでなく前後1か月を考える理由は、グループ企業などを担当している場合に起こりえます。グループ企業の場合は、ふたを規模が大きくなるため、1か月程度ですべての企業を見るわけではいけません。たいていの場合、前後1か月を考えておけば、なんとかその期間で仕事をこなすことが可能になるでしょう。

次に、一般事業会社を見ていきます。一般事業会社の場合には、会計士の場合経理や財務などに配属される可能性が高くなるでしょう。ただ、必ずしも資格を持っている人が採用されるわけではありません。結局は、それぞれの会社によってどのような人を採用するかが異なってくるところです。すでに税務に関する専門の人がいる場合には、わざわざ雇ってくれることもないでしょう。

しかし、そのようなことはなくこれから会社自体に税務に関するプロフェッショナルを入れたいと考えているところならば、一般事業会社の場合比較的簡単に転職をすることが可能です。ただし、時期によっては競争倍率が激しいことも考えられます。

経理に転職する場合のポイントとは

経理の仕事を新しくしたい場合は、決算期を考えることが重要になります。決算期をうまく避けるようにすれば、それほど新しい職場で仕事を始めるのも問題ないはずです。基本的に税務に関しては、どの会社でも似たような仕組みをとっているため、応用できるのが特徴です。

次に、経営企画をおこなう場合はどうでしょうか。将来的に経営企画をしたい場合には、4半期などの時期に関しては、繁忙期になる恐れが高いです。経営会議などが頻繁におこなわれており、それに備えて予定を考えておくとよいかもしれません。そうすると五月から七月ぐらいの時期や十一月から十二月ぐらいにかけてのときは比較的簡単に転職をすることが可能です。しかも、新しい会社に入ったとしても即戦力でおこなうときの忙しさ自体はほとんどないため安心して多くのことを身につけることが可能になります。

企業によってタイミングは若干異なりますが、タイミングの時期がいまひとつわからない場合には、転職エージェントなどに相談してみると良いでしょう。転職エージェントの中でも、会計職に関して得意な人ならば、業界のことをよく理解していますので安心して自分の情報を預けるだけでなく、信頼できる情報を手に入れることが可能です。

会計事務所や税理士法人に勤務したい場合

転職するにあたり、会計事務所や税理士法人に勤務したい場合には、もし自分たちが今まで同じような仕事をしてきているとすれば、ある程度繁忙期がわかっているかもしれません。繁忙期といわれる時期は、決算期と半期決算期の時期になります。そうだとすれば、それ以外の会社を受ける場合とほぼ同じと考えてよいでしょう。

特に今まで税務に関しての経験がある場合、あえて繁忙期を選ぶようなことはしないはずです。そのような人は、センスがないと思われてしまい、面接まではいってもそこで落とされる可能性が高いです。

 

公認会計士だった人が転職する場合には、いったいどのタイミングで行動したらよいか知っておきましょう。基本的にどの業務であっても、決算期と半期決算期が繁忙期にあたります。このときは税理士忙しく活躍する時期といえるでしょう。そのため、あえてこの時期を狙わずその時期をうまくはずして活動したいものです。

具体的には、五月から八月、十月から十一月ぐらいまでならば、会社のほうも比較的暇になっていますので、面接なども積極的におこなってくれる可能性があるでしょう。


イメージ 1
2
3
4
5
会社名 ジャスネットキャリア レックスアドバイザーズ MS-JAPAN(エムエスジャパン) リクルートエージェント マイナビ会計士
特徴 経理・財務担当の役員や経理部長へ直接推薦・提案できるのが強み コンサルタントの指名ができる シニアの転職にも力を入れている 特化型ではないものの、各業界専門のキャリアアドバイザーが担当 大手のネットワークを活かした、公認会計士専門転職エージェント
設立 1996年8月 2002年10月 1990年4月 1977年11月 1973年8月
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく