より好待遇・好条件の求人をお探しの方必見!徹底サポートに定評のある転職エージェントをご紹介します!

ワークライフバランスを考えた会計士の転職先と働き方とは?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/22

ワークライフバランスとは、単にお金を稼ぐための仕事をするだけでなく、自由な時間を過ごすための時間も必要とする考え方になります。もし今まで会計士をしていた人が転職する場合に、ワークライフバランスを考えた転職先があるでしょうか。

そもそもなぜワークライフバランスが必要になるのか

ワークライフバランスと呼ばれる言葉は、最近になって登場した言葉です。外国ではすでにおこなわれているこの考え方ですが、日本ではまだ珍しいといえるでしょう。

このような考え方が広まった背景は、男性も家事や育児などをこなす人が増えているからです。これは、女性が社会進出をしなければ起こりえなかったことです。

最近は女性が社会進出をするようになり、家事や育児のすべてを女性がしなければならないとする考え方が少しずつゆがみ始めたわけです。つまり女性も外で働いているのだから、同じように外で働いている男性も家事や育児をするべきという考え方が当たり前になりつつあるわけです。

このような考え方の社会になってから久しいですが、従来は法人がそこまで考えてくれるところはあまりありませんでした。しかし近年は、男性の育児休暇などを認める会社も出てきており、少しずつ新しい考え方に変わってきたといえます。

実は、結婚しており子供がいる家庭は、この仕事と生活のバランスがとても重要になります。仕事ばかりの会社の場合には、夫婦仲が悪くなることがあり、下手をすれば離婚に発展することもあるわけです。そのような意味においても、余暇や家庭内で時間を使うことには大きな意味があると言えます。

それ以外には、仕事以外にも趣味やボランティア活動そして人付き合いなどを積極的におこなったほうがよいとする考え方があります。これも、ワークライフバランスの考え方の一つと言えるでしょう。働き方も、集中して仕事をおこない、時間を圧縮することが大事になります。

事業会社と監査法人のどちらがよいか

公認会計士が転職する場合、大きく分けて二つのルートがあります。ひとつは事業会社になります。事業会社の場合には、その事業に関する会計などを専門的におこなっており、会社の従業員の中でも会計に関するプロフェッショナルといえるでしょう。その会社の成長を左右する仕事の一つといっても過言ではありません。

事業会社の場合、その会社には種類によって理想を実現できるかどうかは変わってきますが、間違いなく言えることは、事業会社に勤務している人の中には、昔に比べると仕事に余裕をもった生活をしている人が増えてきたことです。つまりそのような会社を選ぶことにより、余裕をもった生活を営むことができるでしょう。結果的に、子供と遊ぶ時間や夫婦関係を向上させるための時間を作り上げることができます。

これに対して、監査法人の場合でもやはり生活にゆとりをもった働き方が推奨されています。もちろん監査法人の中にも厳しいところがありますので、事前の口コミなどを参考に体験してみると良いでしょう。可能ならば、実際にそこに勤めていた人から直接話を聞くと良いです。

10年以上前に勤めていた人の話の内容はそこまであてになりませんが、過去3年以内に退職した人ならば、その会社の実情をよく理解しているはずです。3年程度では会社の仕組みが大きく変わることはありませんので、その人に話を聞くこと自体は有意義な時間といえるでしょう。

どのような求人を見つけたらよいのか

よく探せば、ワークライフバランスを重視している会社はいくつもありますので、その中から選ぶと良いでしょう。とはいえ、そのような会社は基本的に考え方が先進的で、最近人気の会社になりますので、転職希望者も多いはずです。その中で確実に転職するためには、現在の自分の状況と考え方が重要になります。

現在の自分の状況がすでに結婚しており小さな子供などがいる場合には、それだけで有利に働く可能性があるでしょう。そのような立場でない人でも、自分の要望を明確に伝えて意見をはっきりという人ならば、そのような人を企業が欲しがっていますので積極的に転職先として受け入れてくれる可能性があります。

ただなかなか自分でおこなうのは難しいと感じる場合には、転職エージェントを利用するのが一つの方法になります。転職エージェントを利用すると、会計士の分野の転職に関して専門的な知識を持ったスタッフがいますので、そのスタッフに業界のことなどを聞いてみると良いでしょう。

 

最近は会計士でも、ワークライフバランスを重視した考え方が浸透してきています。ただ今までの会社がそのようなことに疎い場合には、すでに取り入れている会社に転職をすることも重要になります。転職をする場合には、どこでもよいわけではなく、従業員の余暇の時間などを十分にとってくれるところならば安心できます。そのようなところは人気も高いため、転職エージェントなどに依頼することになり、良い結果が出る可能性も高いです。


イメージ 1
2
3
4
5
会社名 ジャスネットキャリア レックスアドバイザーズ MS-JAPAN(エムエスジャパン) リクルートエージェント マイナビ会計士
特徴 経理・財務担当の役員や経理部長へ直接推薦・提案できるのが強み コンサルタントの指名ができる シニアの転職にも力を入れている 特化型ではないものの、各業界専門のキャリアアドバイザーが担当 大手のネットワークを活かした、公認会計士専門転職エージェント
設立 1996年8月 2002年10月 1990年4月 1977年11月 1973年8月
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく